感謝状を届ける

 喜多方復興支援隊の皆様のご協力のおかげで今年の7月18日に、子ども食堂応援チャリティ箏曲演奏会in喜多方を開催することが出来ました。

 全額子ども食堂ハラクッチーナへの寄附金として頂戴致しましたので、その感謝の気持ちをお伝えしに、代表(当時)の相田様のお宅にお邪魔しました。

 相田様を代表とした喜多方復興支援隊の皆様は、東日本大震災をきっかけに喜多方復興支援隊を立ち上げ、避難した子どもやその親御様に寄り添ってきた方々です。

 そのご経験から子どもやその周囲への寄り添いの大切さを強く知ることとなり、子ども食堂ハラクッチーナを始めると知るや否や即座にイベントを組み、寄附金を集めてくださいました。

 この度の隊の皆様のお考え、隊をまとめ上げて一丸となって取り組む姿勢・心の持ちように至るまで、私たち子ども食堂ハラクッチーナの指針となってくださいました。

 帰路、代表と共に「あぁいった生き方をしたい」と話しておりました。
 体調の思わしくないという知らせを受けてからというもの、相田様の全快を神社にお祈りしています。

 相田様、喜多方復興支援隊の皆様、本当にありがとうございました。

ご寄付-郡山市社会福祉協議会より

匿名で善意の寄付

郡山市社会福祉協議会より、ご寄附の品を受け取って参りました。

  1. 1日分セット×1箱
  2. 安心米おこげ×26食
  3. 美味しい防災食 × 26食
  4. 保存水2L×3箱
  5. 保存水500ml×2箱
積み込み作業を行う
社会福祉協議会の職員とハラクッチーナ代表
ご寄付いただきました物品を前に
記念撮影

有効に活用させていただきます。
ありがとうございました。

ご寄附の打診

 現在、ハラクッチーナでは様々なご寄付の打診をいただいています。
 具体的には下記のような打診がございます。
 

渡部佳奈子,箏曲,チャリティ,喜多方,蔵屋敷あづまさ,茶房千,カランドリエ,縁側カフェ,子ども食堂応援,ハラクッチーナ,郡山

1,チャリティーイベント
このイベントでの利益をご寄付くださるというご提案でした。

2,現金
当団体へとご寄付いただきました。

弁当

3,食材提供
自宅で畑をしていて余った野菜を提供したい。

協力方法は様々

つくづく協力の仕方は色々あるものだと実感致します。有難いご提案ばかりで、大変に嬉しく思っております。
 みなさま「自分にできることで協力したい」とお話しくださり、大変心強い思いが致します。
 参加の子どもたちへはそのような皆様の温かいお気持ちをお伝えしたいと思います。

こんなことなら協力できるよ

色々なお考えをお聞かせください。まずはメールでお気軽に。お待ちしております(^^♪

※ボタンを押すハラクッチーナへの問合せ欄が開きます。