第1回子ども食堂ハラクッチーナ緑ヶ丘開催

子ども食堂ハラクッチーナ緑ヶ丘

ハラクッチーナ2ヶ所目のオープンとなりました。
郡山市緑ヶ丘 子ども食堂ハラクッチーナ初開催です。

令和5年1月21日(土)13:30~15:00
緑ヶ丘ふれあいセンター実習室

流れ

  1. 代表挨拶
  2. メニュー発表
  3. お弁当を作る
  4. 持ち帰る

参加者の様子

11名の方々と開催することが出来ました。
回を追うごとにご紹介が増え、地域の皆様と協力して地域活動に取り組めていることを実感しております。

今回はミラノ風カツレツ弁当!
非常に工程が多く難易度が高めでしたが、子どもたちは「自分で!」と積極的に作っていました。
親御さん方も子どもたちの自主性に任せていらして、同じ親として子どもとの関わり方も勉強になりました。
改めて、地域の方々との関りは重要だと感じましたし、その手段として子ども食堂は非常に有効だと実感しているところです。

調理シーン

お肉に塩コショウ!
お母さんのレクチャー!
ミルフィーユのように
母と娘でお料理をする機会に
普段からやっていそうだね!
お肉に粉をつけるよ!
調理の先生に質問!
調理体験の機会にしてね!
確認。板についてるね!
油がはねないように…上手!
お友達と協力して…
包丁さばき!!
眠くなっちゃった。
お母さんと協力してお料理
おうちでは忙しいからここなら
お母さんのを見てやれたね!
先生に教えてもらってまた挑戦
子どもさんの挑戦を見守ります
初めてでもこの手つき!
さっき習ったらもうできる!
上手に焼けたね!いいにおい!
先生にポイントを聴いてるよ。
お絵描き!!
盛り付けの説明を受けているよ
出来た!こだわり光るお弁当!
出来た!満足のお顔!!
こんなに上手に出来た!!
ミラノ風カツレツ弁当を作り終え、達成感溢れる参加者たち


子ども食堂ハラクッチーナでは参加条件はありません。
皆で作って、持ち帰る。それだけです。

何故参加条件を設けていないのかといえば、目的が子どもに食事を提供することと、地域に知り合いを増やして防犯に繋げることだからです。
普段からこうした楽しくゆるいつながりがあれば、有事のときなど協力出来ます。

また、参加する側も、レッテルを貼られるのは嫌だろうなという思いがあるからです。
ですが、本当に食事を必要としている方に届かないと困るので、ご参加いただいた方にご紹介を呼びかけたり、メディアへの発信も積極的に行っております。 
必要な方に届くようにお声がけくださいませ。

子どもの目から見て自分たちの地元の大人たちは優しく頼れる存在、困ったら「助けて」と言える存在となって写ればそんなに嬉しいことはありません。
後の世代にも波及していくことを願っています。
今後も子ども食堂を続けて参ります。

次回開催

次回開催日程:富久山令和5年1月28日(土)13:30~15:30
※1・2・3月は「おひさま館」での開催です。
※おひさま館住所:郡山市富久山町久保田字久保田94(久保田郵便局向かい、駐車場無し、子どものみ参加可・未就学児の場合親御さんの見学可)

※申込み期間は過ぎておりますが、1月24日現在、若干名空きがあります。ご連絡お待ちしております。

次回開催日程:緑ヶ丘令和5年2月18日(土)13:30~15:30
※緑ヶ丘初開催は緑ヶ丘ふれあいセンター実習室となります。

緑ヶ丘申込受付期間:2月1日~2月7日
申込みメールには必ず希望参加会場を記載してください。
例)「緑ヶ丘」or「富久山(おひさま館)」
申込後先着順で決定しています。
8日以降「決定通知」「参加見送り」の通知を送信致しますので、必ずご返信くださいますようお願い申し上げます。

ふくしま移住計画vol.5に掲載

ふくしま移住計画にハラクッチーナ掲載

福島ど真ん中移住ガイド ふくしま移住計画vol.5 p13(県中地域定住・二地域居住推進連絡協議会発行)に子ども食堂ハラクッチーナが掲載されました!!

首都圏にも配布されているものだそうです。

テラス石森(田村市)・tetteわいわいパーク(須賀川市)・ペップキッズ(郡山市)に並んで、子ども食堂「ハラクッチーナ」の掲載です。

移住する方にとって3施設と同じくらい魅力となるものであると捉えてくださったのなら嬉しいですね。

現在ハラクッチーナは郡山市内に3ヶ所開催中です。

ふくしま移住計画HP ←詳細が見られます。